模試制作室より

2017年3月の神奈川全県合格力判定統一模試をふりかえって

 始業式が終わり、みなさんは1つ上の学年の生徒になりました。ご進級おめでとうございます。担任の先生、各教科の先
生、クラスのメンバー、机、いす、教科書など、みなさんを取り囲むほぼすべてが「新しい」にあふれています。新中学2
年生、新中学3年生として、気持ちも新たに、勉強、運動、さまざまな活動に力を入れていきましょう。

 3月実施の神奈川全県合格力判定統一模試について、全体的な結果と今後の学習の方向性について、以下に記載いたしま
す。是非、参考にしてください。

 全体的に、知識に関する問題の正答率はまずまずの結果となりました。新中2と新中3の両方における、英語のリスニン
グや問3の適語選択、数学の計算、国語の漢字や小説文、理科の生物分野、社会の世界全体における地理などです。与えら
られた問題において、どのような知識をどのようにいかして正確に答えるのかはとても大切なので、引き続き、さまざまな
知識を積極的に身に着け、知識に関する問題に強くなりましょう。一方、文章や資料を読み取って考えたり、計算したり、
複数の知識を組み合わせて答える問題は、やや難度が高いこともあって厳しい結果となりました。新中2と新中3の両方に
おける、英語の英作文や長文読解、国語の記述問題、理科の物理分野、社会の歴史の並べかえ、新中3における、数学の確
率や空間図形などです。今回の模試で間違えた問題を中心として、解き直しを行って、どのように考えれば正解できたのか
を確認しておきましょう。各教科における記述問題も同様であり、記述するためのポイントは何か、模範解答や<正答例>
を参考にして、どのような内容を書けば正解できたのかを確認し、不足していた知識をおぎなうとともに、どのような内容
が必要不可欠なのかを確認しておきましょう。また、特色検査対策模試(新中3)においては、問題の内容と解答の内容を
照らし合わせ、出題者はどのような内容を考えてほしかったのか、どのような内容を記述してほしかったのかなどを考え、
文章の内容、資料の内容、設問の内容を、常に関連づけるようにする訓練をしていきましょう。

 神奈川県公立高校入試では、今年の2月から「マークシート」が導入されました。来年、再来年の入試においても、「マ
ークシート」による出題は必ず行われると考えられます。すばやく、ていねいに、ぬりまちがえのないように、マーク欄を
ぬる訓練をしましょう。なお、「マークシート」になったことで、問題そのものが易しくなるわけではありません。「マー
クシート」はあくまでも解答形式であって、正解を導きやすくするための手段ではありません。むしろ、神奈川県公立高校
入試が大きく変わったこの5年間において重視されている「思考力」「判断力」「表現力」を求める問題は、例年同様に出
題されています。よって、「知識」「考え方」「書き方」などを、常に念頭に置いて日ごろの学習を進めていくことが非常
に大切です。地道な学習になりますが、あわてず、じっくりと進めていきましょう。

 参考までに、今回の模試での正答率がやや低かったものの中から、重点的に復習しておいた方が良いと思われる単元を以
下に挙げます。基本的な知識や考え方などを多く身につけていく気持ちで取り組んでみてください。

  英語...並べかえや英作文(英文がつくれるようにしていきましょう)
  数学...[新中2]空間図形 [新中3]確率
  国語...説明的文章の読解(記述問題を含めて)
  理科...[新中2]地震・岩石・地層 [新中3]光・音・力・電流
  社会...歴史の古代(旧石器時代~平安時代)

 机に向かってきちんと学習する習慣を、この時期につけていきましょう。学年の初めにこの習慣がつくと、今後の学習は
非常にスムーズに進みます。部活動や学校行事などで時間的に厳しい場合がありますが、極力、毎日学習する習慣を守って
いきましょう。成果は必ずあらわれます。がんばりましょう。

ページの先頭へ